第277話「てつをのおみせ」

昭和時代のシリーズ最高傑作(と俺が)断言する「仮面ライダーBLACK」、それに続く「仮面ライダーBLACK RX」、その主人公・南光太郎を演じた倉田てつを。歴代ライダーで唯一、明確に分かれた2シリーズ続けて主演した男である。「仮面ライダーディケイド」において、20年の時を経て再び南光太郎を演じたことは記憶に新しく、先日述べたとおりである。デビュー作であり、最も思い入れのある役・南光太郎、BLACK、RXは、今でも続編を演じたいと希望しているそうだ。例え深夜枠の1クールのみであっても、20年後の南光太郎をやりたい、と。ディケイドで実現は成ったが、今でも本編製作を熱望しているという。
そのてつを(と、尊敬の念を込めてこの場で呼ばせて頂く)は、俳優業の傍ら、ステーキハウス「ビリー・ザ・キッド」を営んでいる。まあ、有名人著名人が副業を持つことは珍しくないのだが。
さあ、そこで。
てつを考案のオリジナルメニューというのがあるそうだ。まずは・・・

ブラックステーキ

200グラムの迫力!マスタード(と思われる)でBLACKの「世紀王の紋章」を描いている。
さすがてつを!このステーキ、食べたいッ!

そして、更なる進化を遂げたメニューが・・・

RXステーキ

BLACKからパワーアップして誕生したRXの名に恥じぬ物となっている。その量、何と400グラム
これまた食いてェッ!!

東京まで行って食べに行きたいなあ。てつをがいたら、もう感動モノだよ



仮面ライダーBLACK RX VOL.4/倉田てつを[DVD]【返品種別A】
Joshin web CD/DVD楽天市場店
品 番:DSTD-06210発売日:2005年08月05日発売割引期間:2010年07月19日23時

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック