テーマ:ジャパニメーション

第2013話「その血の記憶」

毎度、楽曲としてもアニソンとしても高い完成度を見せる「ジョジョ」のテーマソングだが、現在放映中の第三部完結編「エジプト編」のテーマも凄いね。 タイトルが初代とよく似てるので、アレンジヴァージョンか?と思ったが、それは俺の単なる勘違い(笑) 歌い手を見ると、これまでジョジョのテーマを歌ってきたアーティスト勢揃い。 まさに集大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2007話「トランプ」

Windowsユーザーなら知るところだろう、オマケゲーム・クロンダイク。 なンてことない単純ゲームだが、やり始めると止まらン。 俺も例外じゃあないッ。 そしてッ。 この桂城號にはこだわりがあるッ。 並べ方は、♠♦♥♣を固辞する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1999話「無間地獄(笑)」

昔、「カリメロ」とゆーアニメがあった。黒いひよこのお話だ。何か気になったので、早速検索。 ぅゎー、懐かしいなあ… む?他にも懐かしいのが目白押し。 魔女っ子メグちゃん、好きだったンだよなあ… 永遠の名作にして名曲!キューティーハニー!! …無間地獄だ、キリがねえなあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1998話「RとS」

俺ッちね、バンダイサイトでガンプラをぼぉー…ッと、見てて、思ったンよ。 ガンダムッて、今やスーパーロボットじゃあないかッ! 理由1:丈夫な特殊金属 理由2:謎のエネルギー源で動く 理由3:とンでもない火力や、謎の武装 理由4:オカルティックな力 とまあ、ふと、そぉ思ったわけよ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1962話「マイクロウェーブ」

JAXAが、無線で電気を送る技術を開発したらしい。 兵庫県で実験したそぉだが、この技術が確立、実用化すれば、地上から宇宙の機器とかへの送電が可能になるし、また、宇宙で太陽光パネルを搭載した衛星で発電し、マイクロ波を発射、それを受けて電力に変換することも可能となるらしい。 ええ、ええ。あちこちのまとめサイトでは、思ったとおり「ガン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1865話「来年ッ」

もぉすぐ今年も終わりそぉな気配。やはり今年も終わってしまうンか。 時は無情にも流れていく。 来年とゆえば、だ。 来年は2015年。 なンの年だと思うね? 光まぶしい日本にジェッターマルス(変換で㋜というのがあったが、こぉ書いてはいけない)が羽ばたく年だ。 とっきーはにっせーん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1844話「フィアナよ永遠に…」

装甲騎兵ボトムズシリーズにおいて、悲劇のヒロイン・ファンタム・レディーことフィアナ役を演じられた弥永和子さんが亡くなられた。 フィアナといえば、ボトムズテレビシリーズ第1話「終戦」で誕生、時間軸としては、OVA「ビッグバトル」を経て、テレビシリーズ最終回「流星」でキリコとコールドカプセルで冷凍睡眠に入る。 本来なら、そこでキリコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1843話「PGユニコーン」

バンダイが、新たなるパーフェクトグレードとして、ユニコーンガンダムを発売するという。 完全変形そのものは、マスターグレードでも再現しているから当然として、例の「ツノ」、何と磁石を仕込んで、ピタッと1本になるそぉだ。プラスチックパーツでは、アレは限界あるからねえ。 それだけじゃあなく。 ユニコーンガンダムは、NT-Dシス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1815話「君は覚えているか」

滝沢昇を… 原作漫画から5年を経ての映像化、そして、現代、あの伝説の名作オリジナルアニメ「炎の転校生」が、BDで復活してたッ! はい、この號、これをLD(レーザーディスク。この作品は当初、史上初のOLA、即ちオリジナル・レーザー・アニメーションに果敢に立ち向かった)に、それのビデオバージョンを持っているンだが、現代の技術で甦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1809話「男なら~」

先日、漫画家の中島徳博先生が亡くなられたのは述べたとおり。が、氏の魂は、死してもなお受け継がれる。 名作「アストロ球団」 野球で死闘を描いたのは、このマンガが初めてじゃあないかな。いや、野球的死闘じゃあなく、文字通り「死闘」だよ。特にストーリー中で第3試合(そう、連載期間が長いのに、アストロ超人たちはアストロ球団としては僅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1796話「気がつけば」

うーむ、先週(6日)のジョジョが、何故か録画できてなかった…あの頃は確か、テニスニュースで持ち切りだったから、その影響で順延したのかな、と思ったら… ジョジョの奇妙な冒険スターダスト・クルセイダース(最終回) なッ、721ッ! ばッ、バカなッ?もぉそんな時期かッ? 最終回を逃さなかったのは幸いだったが、あわわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1794話「続・宇宙用」

スコープドッグ宇宙戦仕様の続き、いってみよー! 大半のATが備える機能・降着ポーズ。スコープドッグは、このよぉに胴体が前にせり出す格好となる。この脚部アクションは、高所から降下した際のショック・アブソーバーの機能も持つ(装備によっては不可。例:トランプルリガーを備えたバーグラリードッグ)。 直立状態でも、右脚膝部分と腰部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1792話「宇宙用」

さて、ようやく完成したスコープドッグ宇宙戦仕様。過程を見てみよう。 上半身(コックピット)、頭部、両腕両脚、ラウンドムーバー(アマゾンの配送ヘリじゃあないぞ)、ソリッド・シューター。ここでコックピットにフォーカスしてみよう。 パネル取り付け前なので、フレームむき出し。ハッチを閉めてみよう。 閉所恐怖症にはボトムズ乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1787話「そばにいるよ」

今日はふとしたきっかけで、映画「STAND BY ME ドラえもん」を観に行った。最近のこーいったジャパニメーションやコミックを原作としたものは、出来に「?」がつくものが多い(賀ッ茶満etc.)ので今ひとつ疑問だったが、いろいろと調べてみた結果、印象は悪くないので見てみようと。 タイトルからして、ドラえもんがのび太のスタンドとなって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1778話「これはこれで」

さ~て、ちょびっとづつだがスコープドッグの製作は進む。で、あとでしまった、と思ったことがある。 ソリッド・シューターにラウンド・ムーバー、一部分塗装を施した訳だが、どちらの色も、塗料を混ぜて色を作る。 が、指定の塗料がなかったので、手持ちの有り合わせで何とか作ってみる。 ソリッド・シューターは何とかなったが、ラウンド・ムーバー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1772話「サンサ」

今日は珍しく平日お休みだったので(タネ明かし:遅ればせながら盆休み)、ちとお出かけしていた。帰ってきたら、ブツが届いていて俺は喜んだ。 1/20スケールATM-09STスコープドッグ〔宇宙仕様〕 スコープドッグⅡとも、戦艦X(エックス)仕様とも言われている、緑単色のスコープドッグ。バンダイプレミアム、即ちオンライン販売限…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1762話「リアルロボット」

一般的にSFロボットは大別すると、スーパーロボットとリアルロボットに分類されるとゆう。未知のエネルギーで、強大な超兵器をもつものがスーパー、ある程度骨格構造とか動力系とか工業的量産要素を持つのがリアル、とまあ、他にも色んな定義があるが、平たくゆえば、スーパーの代表格はマジンガー、リアルの代表格はガンダム。面倒なので定義を記すのはこの辺で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1741話「コンビニヴァージョン」

それがし、コンビニエンスストアは、割とご利用するのだが、その際に時たま無駄遣いにハマることがある。 一番の理由は、いわゆる「コンビニヴァージョン」のコミックだ。こーいったもの、割と過去の名作とか話題作が、不意打ちのよぉに収録されていることがある。 そのせいで。 金曜には「ドーベルマン刑事(少々の設定の不具合など吹っ飛ば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1728話「AT」

AT、即ち、アーマード・トルーパーの頭文字である。装甲騎兵ボトムズにおける主力機動兵器だ。スパルタンで無骨な、ミリタリーチック溢れるその見た目は、各地で多くの「最低野郎」の血を呼び起こした。 はい、この號も立派に「最低野郎」なのである(^-^) このAT、バンダイからかつてシリーズ化されていた。最も普及した機体であり、主人公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1681話「スターダスト」

遅ればせながら、「ジョジョの奇妙な冒険スターダスト・クルセイダーズ」の主題歌を手に入れた。第1部、第2部もそぉだったが、ジョジョのテーマソングは、実に気合が入っている。 単に熱いだけじゃあない。まさに「テーマ」ソングなのだ。アニソンに限らず、テーマソングの王道だよ、テーマを歌い上げるのは。ジョジョの主題歌の優れているところは、テーマ1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1630話「実はスゴイ」

しばらく製作が中断されていたリアルグレード「ガンダム試作1号機フルバーニアン」の製作を再開した。そして休憩がてら説明書を読む。最近のガンプラは、組み立て説明だけじゃあなく機体解説もしてて、けっこう面白い。 その中でふと、思った。 ガンダムという名のつく機体に大方装備されているバルカン砲。劇中やゲームだと、威力小さ目の牽制武器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1575話「三連星」

以前、こンなネタを書いた覚えがある。 機動戦士ガンダムΖΖ(ダブルゼータ)、これがトリプルゼータになると、ΖΖΖとなり、何だか寝ているように見える(まあ実際はゼータであって、ゼットじゃあないけど) そして ガンダムDX(ダブルエックス)、もしもDXじゃあなくXXという表現だった場合、三つになるとガンダムXXX(トリプル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1568話「アルフォンヌ先生…」

この號、幼少の頃はテレビッ子だった。アニメも特撮も映画も一杯見た。なので、昔から馴染んでいる、テレビから流れる声を聞いて育った。ここにきて、色んな馴染みの声が、何人も逝ってしまっている。宿命(さだめ)といえばそれまでであるが・・・ またひとつ、巨星、落つ。 永井一郎その人だ。 日本人なら、きっと誰しも聞いた事のある声に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1560話「グレー」

昨日は雪だったが、今日は雨。昨日よりも気温はましなのかな。今日、帰りしにヘルメットを装着するために点を仰いだら… 空がグレーだった。 こーゆう空を見ると思い出されるのがOVA「デビルマン妖鳥死麗濡(シレーヌ)編」だ。この作品では、デビルマンの戦闘は夜なのだが、街中の空がグレーなのだ。それもグラデーションがかかってて、上の方は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

第1552話「戦うヒロイン」

昨日のことだが、ググって(検索して)みて、「機動戦士ガンダム・ジ・オリジン」に興味が出てきたので本屋に買いに行ったが(まともに)置いてなかった・・・ので、御大・永井豪の「キューティーハニー対デビルマンレディー」というのを買って来た。 永井豪もそうだが、大御所漫画家って、けっこう女性が主役って作品を生み出してるね。赤塚不二雄先生の「ひみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1528話「砕けッ!必殺ッ!」

帰宅したら、予約してたゲームがやってきていた。その名はッ! 真・ガンダム無双 わらわらと襲い掛かる無数の敵を、爽快なアクションで次々次々とブチ倒しまくる、いわゆる無双系のゲーム、それをガンダムの世界観でプレイするゲームだ。 これまでは2、3、とナンバリングされていたこのシリーズ、この度は「真」ということで、集大成的なものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1468話「何度でも立ち上がる」

さて、「聖闘士星矢ブレイブ・ソルジャーズ」進行中。腑抜けのこの號は、イージーモード(笑)勝つこと自体は、そぉ難しくない(イージーだからな) 駄菓子菓子 特定の条件(チャレンジ)をやろうとすると、わりと難しいンだわ、これが。一応の動きは把握したものの、まだ全てのアクションを使えてる訳じゃあないからな。 そんなこんなで、狙って狙って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1467話「勇ましき戦士たち」

金曜の話だが、予約していたPS3ソフト「聖闘士星矢ブレイブ・ソルジャーズ」限定版ペガサスBOXが届いた。やけに大きな箱で届いた。理由は後ほど。 説明不要の人気シリーズ「聖闘士星矢」。このソフトは十二宮編、ポセイドン編、ハーデス編のキャラクターが登場する格闘アクション。何となくこないだ買った「仮面ライダー・バトライドウォー」を思い出すが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1463話「ありがち」

季節はすっかり秋だが、朝晩は皮膚寒いほど気温が低いなか、いかがおすごしでしょぉか? ようつべの投稿動画で見つけたのだが、ジャパニメーション、即ち日本のアニメーションのオープニングは、キャラクターが走っていることが凄く多いという指摘があった。 確かにッ。 突端は聖闘士星矢。あれは今も昔も走ってるねえ。ガンダムもダグラムも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第1462話「フォーエバー・アン・ブレッド・マン」

この日本で、知らない者はいないだろう「アンパンマン」。その作者であるやなせたかし氏が亡くなられた。 対象は子供でありながら、ドラえもんやオバQなどのように老若男女誰もが知っている。これらのキャラクターが凄いのは、その名だけじゃあなく、姿かたち、能力などが、老若男女に知られているということ。まさに国民に愛されているキャラクターであろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more