第1966話「B」

いつの間にか、グランツーリスモ6に「Bスペック」が追加されていた。

Bスペックとは、AIのドライバーに、プレイヤーが指示を出してレースするというもの。プレイヤーが直接ドライブするものをAスペックと称しているものに対してBスペックとゆーわけ。

これは、最近ゲームする気力が低下しつつあるこの號には嬉しいアップデートだ。

さっそくやってみたが、自分で走るのと同様、レースというものはなかなか思うよぉにいかないのが常である。
「そこでしかけろ!」とか「そぉだそぉだ、そのまま張り付いて…ストレートでやっておすぃまい!」とか、監督気分で割りと盛り上がる。

まあ、人によっちゃあ「自分で走らないレースゲームなンて」という向きもあるかも知れんが、これはこれでなかなか楽しい。
特に、レーシングマシンという怪物を扱いきれないこの號にとってはな(笑)

このAIドライブ、特に耐久レースでモノをゆうのだ。パンピーじゃあ、何時間も走るのは、まさに耐久レース。そこで、専属ドライバーであるAIの出番とゆーわけ。

これからちょっと、GT6の起動する機会が、再び増えそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック