第1616話「名車で走ろうGT!~番外編オリジナル仕様~」

GTというゲーム、走るのはもちろん楽しいが、ディーラーを回ってクルマを見るのも楽しい。あッとゆー間に時間が経つ。が、それはクルマを見るだけじゃあない。写真を撮るのも、アングルだとかズームだとかいじってると同様。そして、カラーリングを替えたりホウィールを選んだり(ホウィールも塗装可能)と、オリジナルの仕様を作るのも。そんな訳で、今回は俺オリジナル仕様のクルマを貼る。まずはこれ。

画像

スバル・レガシィB4 3.0R。レガシィといえばターボのGTが注目されるが、なんのなんの、この自然吸気3リッターBOXER6もなかなかのものだよ。スムーズにヒュンヒュン回るエンジンは爽快である。カラーは現車にはないものを選ぶようにしている。

画像

お次はトヨタ・アルテッツァAS200。これまた、アルテッツァといえば、ハイチューンの4気筒エンジンを積んだRS200がメジャーだろうけど、アルテッツァはもともとベンツCとかBMW3のジャンルを照準に入れたクルマ。6気筒エンジンが、本来のアルテッツァのキャラクターだと思うので近年アルテッツァをチョイスするときは、このAS200だ。

画像

日産・スカイラインGTS25タイプS。お気づきになったかも知れんが、俺がオリジナルを作るときは、ポピュラーなものを「外す」のをコンセプトにしている。このR32も、GT-R、若しくはターボのGTS-tタイプMではなく、この2.5リッター直列6気筒を積むこのGTS25を選んだ。解説にもあるが、R32は基本シャシーの出来がいいので、どのグレードを選んでもスカイラインの走りが楽しめると。この25もそれは当てはまる。

画像

今度は趣向を変えて、日産の異端児(笑)エクサ・キャノピーLAバージョン。パルサーエクサから派生した日産の1.6リッタースペシャリティ。本来はリヤハッチを交換することで、クーペスタイルと、ワゴンチックなこのキャノピースタイルが楽しめるはずだった。が、日本では認可が下りなくて(悲)、エクサはクーペとキャノピーの2バージョンでの販売となった。実はこれまた、当時欲しかったクルマなンよ。それもこのキャノピーをね。当時は実に変態に見えたこのクルマ、オリジナリティたっぷりだ。そんなエクサのキャラを更に濃くするカラーで仕上げてみた。もぉほとんど色吉(笑)

画像

今回のしんがりはこれ。三菱・レグナムVR-4。スポーツワゴンというのも好きなので、最初のオリジナルに選んだのがレグナム。ギャランの兄弟といえるワゴンで、セダンのVR-4と同様、ハイパワーが持ち味。ワゴンというクルマにこーいった派手なカラーシフトもけっこうカッコいいと思う。基本的に赤系が好みじゃあない俺がこの色にしたのは、前作GT5で見かけたアウディRS6のレッドが、めっさカッコよく見えたので。が、この色は、写真を撮るのにけっこう難しいというのが発覚した。光量とか調整しないと…
画像

こんなことになる羽目に( ̄▽ ̄;)

これらのクルマ達、共通しているチューンは、「あくまでスタンダードを忘れずに」だ。単に速いクルマにするなら、お金をかけてタイヤとかパワーとかをアップさせればいい。例えば、インプレッサにタメを張れるようなトヨタ・セラを作ることだってできるし、それもそれで面白い。が、楽しみはそれだけじゃあないと思う。これらのクルマ達、パワーアップは程ほどとし、トラクションコントロールがないとしんどい、というようなのを避け、手の届く範囲で性能を使いきれるように、楽しく走れるというのを目指したつもりである。だから、俺のオリジナルカー、決して速いとゆうわけじゃあない。
チューンの方向性も楽しみも様々。たまにモンスターマシンも作ってみたくなるけどね。
オリジナルカー、楽しいよ(^-^)



おまけ

上記エクサでのレースのこと。アルファ・ロメオ・ミトが、俺の目の前でこんなことになってました。

画像


ジャック・ナイフィング!

画像

ネットとかでもこーゆうことになる噂はたまに目にする。GT6のバグかどぉかは不明だけど。

おまけ 完 ジャッジャジャーン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

naoya555
2015年01月23日 20:42
始めまして。アルテッツァの1Gいいですね~w
うちのクラウンも同じエンジンなので、こういうクルマがあると、うれしいですw
桂城號
2015年01月24日 09:29
お初のコメント、ありが・トォーッ!ございます。

GTは、本当に色んなクルマがあって、選ぶ楽しさもたっぷりッ。
リアルでは絶滅危惧種となりつつあるストレート6、せめてヴァーチャルで楽しみたいですな(^-^)

この記事へのトラックバック