第1599話「名車で走ろうGT!~ロータス・ヨーロッパS2~」

さて、それじゃあいくぜ!ロータスッ!

画像

ロータス・ヨーロッパ!伝説のクルマレース漫画「サーキットの狼」でおなじみの小型ミッドシップスポーツだ。Y字バックボーンフレームでエンジン搭載位置を低め、それにFRP製ボディをかぶせた構造。なので、とにかく軽い。ロータスが、スポーツカーを庶民にも提供したいというコンセプトで開発された。ここらへん、スバル360にも似た思想がある。フロント下回りに見えるのは、スタビライザー。これがロータス(俺は漫画の影響で、ヨーロッパをこう呼んでいる)のコーナリング性能を高める要素であるが、…何もこんな低い位置につけなくても(笑)おかげで風吹裕也(ふぶきゆうや)は、しょっちゅうこれをぶつけて壊して、ピンチになってたような。

画像

まあ、冷静に見れば、お世辞にもカッコいいデザインじゃあない。当時は「ブレッド・バン」と悪口言われてたとか(笑)その上、後方視界はとても悪そう。が、これは風洞実験も繰り返された末のデザインだそうで、空力性能は高いという。

画像

真横から見ると、ホントにバンみたいだ(笑)おまけに、ドアノブも使いにくそう。

画像

ロータスの特徴は他にもある。その車高の低さだ。フォルクス・ワーゲン・ルポとのサイド・バイ・サイドで比較。ノーマルで既にこの車高だ。ホントにペッタンコだ。この車高の低さは重心の低さにも通じる。そしてミッドシップマウント、軽量FRPボディ、スタビライザーと、もぉコーナリング命なクルマである。

画像

ま、脳内補正、思い出補正と言われればそれまでだが、でもやはりこのロータス・ヨーロッパは好きなクルマだ。かつて相棒だったホンダ・ビート、トヨタ・MR2も、いわば小型ミッドシップ。これらに乗っていたのは、ロータスへの憧れかもしれないね。


と、ここで聞こえてきそぉだ。


「狼のロータスと違う!」

とゆう声がな。


ふっふっふ( ̄ー ̄)

わかってまンがな。

狼だろ?ロータスの狼だろ?

では次は、(完全じゃあないが)狼を貼ろうじゃあないか。(^-^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック